「ペットさん定期便」の気になる評判 野生の鹿肉,猪肉そのままのドッグフード

ペットさん定期便

野生の鹿肉,猪肉そのままのドッグフード

『ペットさん定期便』は、全国で採取された野生の鹿や猪といった鹿肉,猪肉を、そのままドッグフードとして定期的に提供するシステムです。

人が食べても美味しく食べられる品質の新鮮鹿肉,猪肉のみを提供しているので、他のプレミアムドッグフードとは一線を画す、肉100%の無添加ドッグフードになります。

「野生の鹿肉,猪肉」を提供している意味

そもそも野生の鹿肉,猪肉をドッグフードとして提供するきっかけとなったのは、国内山間部で野生動物による農作物や森林被害が増加、こうした被害を緩和するために一定量の鹿や猪を駆除していることから始まります。


駆除した鹿や猪は、鹿肉,猪肉として都内の高級飲食店などに出荷されていますが、このように人間の食用として活用されているのは、実は1割に満たない程度。残りの9割以上が廃棄物として埋蔵処分されているのが現状です。

このように残った鹿肉,猪肉を無駄にしないよう、ドッグフードへ活用し定期的にお届けするようになったのが『ペットさん定期便』です。

そんな鹿肉や猪肉は、高タンパク低カロリー,鉄分やビタミン類も豊富に含まれており、ドッグフードとしては申し分ない素材です。

ペットさん定期便で提供しているものはドッグフード用とはしてはいますが、形や色が少し悪いものや臭みや硬さがあるなど、人間の食肉用として食感や食味がベストではないという程度のもので、安全性は人間用と全く変わりません。

したがって、当然ワンちゃんにも安心して与えていただけます。

既存のものには無い、これぞ”究極の”無添加ドッグフード


既存のドッグフードには、お肉以外に様々なものが入れられています。

肉食のワンちゃんには本来必要のないドッグフードのカサ増し目的で小麦やとうもろこし甜菜の搾かすであるビートパルプ等が含まれていたり、製造工程での加熱処理などで壊れた栄養素を補うべくビタミン剤やミネラル分、合成添加物など、多くのものが含まれています。

お肉も明確に種類や部位が分かるものなら良いですが、「〇〇類」「〇〇ミート」など、不明瞭な名称のものまであります。


一方、お値段が高めで原材料にこだわったプレミアムドッグフードにも馬肉やラム肉,鹿肉などが使われていますが、その全ては牧場で育てられたものであり、餌にどんなものが使用されているのか不明瞭なものも多くあります

特に産地が不明な物などは、何を食べてきたか分からないので、根本的な不安が拭えないという飼い主さんも多くおられます。

ペットさん定期便に使用するジビエ肉は、他の材料や添加物,栄養素は一切加えておらず、自然のものを食べている鹿や猪の肉なので、飼い主さんが通常のドッグフードに対して想定されるような不安要素は一切ありません。

更にそのジビエ肉を冷凍の状態で定期的にお届けするので、これぞ「誰でも分かる”究極の”無添加ドッグフード」と言えるのではないでしょうか?

ペットさん定期便のメリット

国内の野生鹿肉,猪肉のみを使用


ペットさん定期便は野生の鹿や猪の肉のみを使用、100%天然素材です。

栄養面でも、鹿肉や猪肉は高タンパク低カロリー。ワンちゃんの健康に必要なオメガ3,オメガ6系脂肪酸鉄分ビタミンB群タウリン等が豊富に含まれており、滋養強壮食としても大変優れています。

注:猪肉は鹿肉よりも脂分が多いため、胃腸の弱い子犬やシニア犬などに与える際には少量で様子を見ながら与えてください。

また、日本全国の野生のジビエ肉を使用しているので、気候風土や食性などによって違った肉質や風味が味わうことができるのも魅力です。

添加物は一切なし。グレイン,グルテンフリーは当たり前


100%天然肉なので、余計な添加物や穀物などは一切含まれておりません。

添加物の弊害については諸説ありますが、そもそも添加物など無かった時代はアレルギーなんてほとんど無かったわけです。そうなると、ワンちゃんの体に本来必要のない保存料や着色料は当然として、本来はミネラル分やビタミン類の補給に使用される化学物質でさえもアレルギーの根本原因として疑わしいと言えます。


穀物に関しても同様のことが言えます。カサ増し目的で使用される小麦やとうもろこしなどは論外として、栄養補給の目的で使用される雑穀類であっても、残留農薬があればそれがアレルギー発症の原因である可能性も否定できません。

確かに疑えばキリがないことではありますが、野生の鹿肉,猪肉のみを提供しているからこその安心感が、ペットさん定期便にはあります。

注:稀に鹿肉や猪肉にアレルギーを持つワンちゃんもいますので、ご注意ください。

ペットさん定期便:ワンちゃんへの与え方


ペットさん定期便では、生肉が冷凍保存状態で届きます。

ただし、慣れない最初のうちは、加熱して既存のドッグフードに少量まぶして与えるところから初め、食べ具合やお腹の調子などをみて、慣れたようでしたら徐々に混ぜる割合を増やしていきましょう。

鹿肉や猪肉に慣れてきたら、そのまま与えてもよし。他のドッグフードと混ぜて与えるのも良し。いろんな具材と混ぜて手作りドッグフードとして与えるのも良し。与え方は自由です。

ペットさん定期便のここが気になる

生肉をそのまま与えて大丈夫?

ここの判断は、正直難しいところではあります。

実際に生肉でしか得られない栄養もたくさんありますし、肉食であるワンちゃんにとって生肉がダメである理由はありません。


ただし、鹿肉や猪肉は寄生虫のリスクは低いとはいえ、ゼロではありません。それは他の牛肉,馬肉を問わず、「生食用」と表記された人間用のものであっても同様です。

ペットさん定期便で使用している鹿肉や猪肉は、一定期間業務用冷凍(−20℃)したものを提供しているので、寄生虫やウイルスのリスクは低減されています。

また、ペットさん定期便に使用されている生肉に関して、(株)Foremaからは以下のようなコメントが記載されています。

弊社からは特に「生食OK」とのアナウンスはしていませんが、半数近くのユーザーさんが何らかの形で生食を導入しています(弊社ユーザーアンケートより)。 お肉の品質自体は一般に流通している「生食用」とされるお肉と同等もしくはそれ以上の品質を維持しています。
ただし初めて生食を導入する場合は知識のある方のアドバイスを受けながら時間をかけて行なっていくことをお勧めします。 
『ペットさん定期便』公式HPより

要するに、「生食でも充分な品質のものだけど、最終的には飼い主さんの自己責任」ですが、「実際は半数近くのユーザーさんが生で与えているけども、問題は出てないよ!」ということのようです。

どんなタイプのお肉が入っているの?

お肉の内容や部位などはコース(スモール便,レギュラー便,ラージ便)によって異なりますが、基本は鹿肉,猪肉のブロックや切り落とし,ミンチになります。

ラージ便になると、心臓や肝臓などの内臓肉や骨付き肉も入りますが、在庫状況によって毎回届くわけではありません。

また、鹿肉,猪肉の比率はその時々で異なります。

お肉の種類の指定はできる?

お肉の指定は原則難しいようですが、以下のように対応できる範囲内であれば、リクエストは可能です。

「豚アレルギーがあるので、鹿肉だけにして欲しい」
「ミンチや小分けにしたものを多くして欲しい」
「骨や内臓を入れて欲しい/もしくは無しにしてほしい(ラージ便のみ)」
等 
『ペットさん定期便』公式HPより

まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょう?

まずは少量で試してみたい・・・

まずは試してみたいという方には初回のみ限定の「お試し便」があります。お試し便は400〜500gで980円(消費税,送料別)ラージ便並みの低価格でお試しいただけます。

【お試し便の内容】
・猪切り落とし 250g×1パック
・鹿ミンチ 100g×2パック

※在庫状況によってお届け内容が一部変更することがあります。

ジビエ肉が合わなかった場合は解約できるので、まずはお試し便から始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ


駆除された野生の鹿肉,猪肉を冷凍のままお届けするドッグフード『ペットさん定期便』をご紹介しました。

他のプレミアムドッグフードには無いタイプではありますが、肉食であるワンちゃんにとって、これほどシンプルで安心,安全なものは無いと言っても過言ではありません。

ペットさん定期便には、お届けする量によって以下のプランがあります。

いずれのプランも、配送頻度ペースは3種類(毎月・隔月・3ヶ月に1回)からお選びいただけます。

プランスモール便レギュラー便ラージ便
対象超小型・小型犬小型犬の多頭飼い〜中型犬大型犬や多頭飼い
料金/月3,490円4,360円7,980円
内容量/月1.0kg1.8〜2.0kg3.6〜4.2kg
1kgコスト3,490円2,180〜2,400円1,900〜2,200円
内容物・鹿肉/猪肉 切り落とし
・鹿肉/猪肉 ブロック
・鹿 / 猪 小分けミンチ
・鹿肉/猪肉 切り落とし
・鹿肉/猪肉 ブロック
・鹿 / 猪ミンチ
・鹿肉/猪肉 切り落とし
・鹿肉/猪肉 ブロック
・鹿 / 猪ミンチ
・鹿・猪のハツ/レバー
・鹿のアバラや大腿骨

ペットさん定期便のお肉は全てのワンちゃんに食べていただけますが、ジビエ肉は滋養強壮や食欲増進にも大変優れた食材なので、特に普段から食の細いワンちゃんや元気のないシニア犬食べていただきたい。

ワンちゃんの健康は食事から。

これまでのドッグフードでは満足できない方へ、野生のジビエ肉のみを提供する『ペットさん定期便』をぜひご検討ください。




ペットさん定期便公式HPはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました